• TOP
  • ランキング
  • 敏感肌ケアの基礎知識
  • ボディソープの口コミ・評判

界面活性剤は悪者?

界面活性剤とは?

界面活性剤(かいめんかっせいざい)はボディソープをはじめ、シャンプーや洗顔料、それだけでなく、キッチン用洗剤や洗濯洗剤などの洗浄剤にはほとんどといっていいほど配合されています。

どのような機能を持つかといいますと、通常では混ざり合わない水と油を混ぜ合わせる機能があります。ボディソープや洗顔料、シャンプーは体や顔、頭の皮脂汚れを落とすために界面活性剤が使用され、キッチン用洗剤や洗濯洗剤はそれぞれ食べ物の油と衣類の皮脂汚れを落とすために界面活性剤が使用されています。

界面活性剤は悪なのか?

よく界面活性剤は良くない!というのを見かけます。だから石鹸が一番!というのも見かけます。ですが、石鹸も界面活性剤です。なので界面活性剤が悪だというと石鹸も使ってはいけないことになってしまいます。次によく見かけるのが合成界面活性剤は良くない!という意見ですが、合成界面活性剤には確かにラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naといった洗浄力も脱脂力も強くお肌への刺激が強い成分もあります。ですが、潤いを残しながら洗い上げてくれる合成界面活性剤もたくさんあります。ちなみに天然の界面活性剤というものもあります。

お肌への優しさと生分解性が重要

界面活性剤が全て悪いのではなく、お肌への負担の大きい界面活性剤を避けるべきということです。お肌に優しい界面活性剤であり、もう一つ重要なのが生分解性です。生分解性というのは成分が微生物によって分解され無機物に変わる分解性を意味します。生分解性が低いと生活で使用された洗浄剤の成分などが川などに流れ出た場合になかなか分解されず川の汚染につながったりします。もちろんお肌にとっても生分解性の高い成分の方が負担は少なくなります。

敏感肌の方におすすめの人気ボディソープランキング

Dolci Bolle(ドルチボーレ)

Dolci Bolle(ドルチボーレ)は大人よりもデリケートなお肌を持つ赤ちゃんのお肌への優しさを追求した赤ちゃん用ボディソープです。赤ちゃんのお肌に優しく、しっとりと潤いを残しながら洗い上げるベビーソープだからこそ、敏感肌の方のボディソープに最適です。刺激に過敏となっている体を洗う際にはナイロンタオルで洗うよりも手で優しく洗うことがおすすめです。Dolci Bolle(ドルチボーレ)は泡タイプの赤ちゃんボディソープなので泡立てる手間なく全身をやさしくしっとりと洗い上げてくれます。

詳細はこちら

おすすめポイント!
  • ボディソープとしてだけでなく、洗顔やデリケートゾーンの洗浄にも最適
  • 必要最低限の成分で構成されていてお肌への負担が少ない
  • ベースとなる水からこだわり、保湿成分、注目のミネラル「珪素」配合と成分へのこだわりがすごい

養麗潤(ようれいじゅん)

養麗潤(ようれいじゅん)は30,000件以上の相談を受けた薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したお肌に優しい保湿石鹸です。ボディソープとしてだけでなく、洗顔としても使うことができます。そして敏感肌の方のために作られた石けんなので、デリケート肌の赤ちゃんからお年寄りまであらゆる世代の方におすすめです。お肌がガサガサ、ゴワゴワ、ムズムズするというお悩みを抱える方に最適。お肌に優しい石ケンでお肌をしっとりケアします。

詳細はこちら

おすすめポイント!
  • フランキンセンス配合でお肌の状態を健やかに導きます。
  • 赤ちゃんのカサカサ肌や大人の乾燥肌、敏感肌におすすめ

まるごと椿石鹸

のんのかまるごと椿石鹸は椿(ツバキ)の名産地である長崎で、日本で唯一椿農園が作る自家製の椿油石鹸です。「肌に敏感な人ほど使ってほしい」というキャッチフレーズに違わず、お肌への優しさと保湿効果、また椿の持つ除菌効果を利用してニキビ肌の方にもおすすめの敏感肌のための石鹸です。洗顔はもちろん、お肌がデリケートな方のボディソープや赤ちゃん用ボディソープとしても人気の高い自然派石鹸です。敏感肌、アトピー体質の方、ニキビ肌の方に好評です。

詳細はこちら